プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙が終わって・・・。

2012.12.18 00:02|2012衆院選・脱原発議員
いやはや・・・。選挙が終わって脱力しています。
選挙区に「日本未来の党」から素人の脱原発派が急に立候補することになり、少し裏方のお手伝いをしてみることにしたのですが、何とうぐいす嬢ならぬ、からすおばはんをすることになってしまいました。
放射能を気にするママさんたちの時間のやりくりが出来なくなったのです。

まあいないよりは、連呼した方がいいのでしょうが、これをやってみると疑問がいっぱい。
車は動く。長いフレーズは内容が聞き取れないだろう。従って名前を連呼することになる。
しかし、プロで雇われているわけでないので、同じことをずっと連呼するのは精神衛生上無理な話。
なので、名前の連呼の合間に少し言いたいこと言わせてもらいました。

事務所にはボランティアが三三五五集まって、アナログな事務仕事をしていましたが、ここには脱原発派もいるし、何と小沢命の人も来ていました。小沢命の人に現実で初めて出会いましたよ。
ところが、これがなかなかステキな人々なのです。また駅頭でビラ配りもしましたが、「小沢さんを支持しているので~」とビラをもらってくれる人が何人もいました。涼しげな大人が多い。

今回「日本未来の党」は60議席が9議席になってしまいました。敗因のひとつに、脱原発派がこの党に票を入れにくかったということもあるのではないかと思っています。
しかし、現実には社民党を離党した阿部知子さんが比例復活で当選し、小沢さんと同じ党にいることになります。
柔軟に考えないと、直ぐには受け入れがたいことが現実に起こっています。

いずれにしても、厳しい選挙戦により脱原発派は残り少なくなってしまいました。
日本未来の党9人、社民党2人、共産党8人、新党大地1人の20人。プラス民主党に何人かとみんなの党に数人です。脱原発基本法はどうなるのでしょうか。
自民党により脱原発の方向が本当に原発推進に向かってしまうのでしょうか・・・。

あまりの酷さに泣きたいようですが、落選議員に斜線をひいたリストをアップします。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。