プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟県県民投票、韓国の原発ピンチ

2013.01.21 23:13|海外の動き
全7基が停止している柏崎刈羽原発の再稼働の是非を問う県民投票をめざす市民団体が、12月25日、6万8千人分の署名を集めて(必要数より3万多い)泉田裕彦知事に県民投票条例の制定を直接請求していました。

原発巡る県民投票「修正し実施を」 新潟知事が条例案 (1/21 朝日)

新潟県の泉田裕彦知事は21日、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働の是非を問う県民投票条例案を県議会に提出した。条例案は市民グループがまとめ、昨年末に制定を直接請求していた。

条例案に5項目の修正を求める意見をつけた泉田知事は、この日の県議会で「そのまま賛成することは困難を伴う。修正の上で県民投票は実施するべきだ」と答弁した。泉田知事が求めているのは、福島第一原発事故の検証に基づく安全対策などの情報を県民に提供するため、原案が「施行から90日以内」としている投票期日を、期限を設けないよう改める▽投票は「賛成」「反対」の二者択一ではなく、選択肢を追加する―など。

採決は23日。県議会の過半数を占める自民党は条例案に否定的で、否決される公算が大きい。



韓国、原発停止で電力ピンチ 相次ぐ不祥事…政府は節電呼び掛け (1/15 産経)

韓国の原子力発電所で故障や不祥事による原子炉の稼働停止が相次ぎ、暖房などで電力需要が高まる冬を迎えた同国内は電力不足の危機感に直面している。

同国は総発電能力8200万キロワットのうち約3割を国内23基の原子炉でまかなっており、現在6基が停止中だ。昨年11月には霊光原子力発電所で5、6号機に品質証明書を偽造した部品が使用されていることが発覚し、3号機でも部品の破損が判明するなど稼働停止が相次いだ。

このほかにも蔚珍原発では4、6号機が定期点検のため稼働を停止しており、かねてから老朽化が指摘されていた月城原発の1号機も操作ミスによる稼働停止から再開許可が下りない状況が続いている。

こうした中、12月には新たに古里原発の3、4号機でも不正な部品使用があったことが調査で明らかとなったが、エネルギー政策を管轄する知識経済省は稼働しながらの部品交換が可能だとして稼働停止の必要はないとの立場を早々に表明。この対応に安全軽視だと疑問を呈する声もあがっている。

韓国政府は電力安定供給のため2022年までに原子炉を32基に増やし、全発電に占める原子力の割合を約6割に引き上げるとしているが、目標達成のためには信頼性の再構築から取り組む必要がありそうだ。

韓国 故障で原発の原子炉が停止 (1/17 The Voice of Russia)

韓国南東部にある蔚珍原発の第一号炉で、故障が発生したため自動的に作業が停止された。聯合ニュースが伝えた。(1/17 The Voice of Russia)

実施された測定によれば、今回の自動停止による放射能漏れはないという。故障の原因は現在調査中だ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。