プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発に依存しない社会への布石はどの程度か

2011.08.12 22:50|脱原発
政府は12日、東京電力福島第1原発の事故を踏まえた原子力安全規制の組織見直しで、来年4月に新設する「原子力安全庁」を環境省の外局とする方針を関係閣僚会議で決定した。15日に閣議決定する予定。

安全庁は、経済産業省から原子力安全・保安院の原子力安全規制部門を分離し、内閣府の原子力安全委員会や文部科学省の放射線モニタリング部門などと統合する新組織。原子力安全規制に関わる業務を一元化し、原発の安全確保につなげる狙い。原子力関連の許認可権限も新組織へ移す。(8/12 jijicom)

内閣府よりは環境省の外局がいいと思います。しかし「原子力安全庁」という名称は論外でしょう。
原子力の安全神話が崩れたのですから、原子力が安全と勘違いが起こってはこまります。
これまでの原子力に関係する独法の名前は、皆安全がついていて紛らわしい。
安全を削除すべきです。 「原子力規制庁」「原子力管理庁」というように。そして、外部から人を入れることですね。
このお役所には、脱原発をしてからも、長いことやってもらわなくてはならないことがあります。
小出氏は、使用済み核燃料の保存については、よい案はないがお手伝いできると語っていたビデオを見たことがあります。
トップに着くことはないでしょうが、是非この分野でお知恵を拝借したいです。

昨日(11日)参議院予算員会で質疑に立った社民党の福島みずほさんは、新しい「原子力安全庁」は環境省の外局に、そこの長や事務局には、小出裕章さんのような3・11前から反原発だった人をと、野党の立場から菅総理にエールを送りました。菅総理は小出氏の名前が出ると、老眼鏡の下から福島さんを見上げました。
力強いエールだったので、一部を簡単に書き取りました。(正確ではありません)

福島: 総理、エネルギー・環境会議で減原発を打ち出しました。原発の新増設は行わないということでよろしいですね。
菅: ペーパーを読む。 
福島: 新増設は行わないということですね。
菅: 今申し上げたような方向で、きちんと提言していく、提言していくという方向性は、内閣として決めたことでありますので、そういう方向で議論を進めて参りたい。

福島: 論理的に聞いています。総理は原発に依存しない社会をと仰言っています。減原発です。新増設は困難、あるいは出来ないと総理が思っているということでよろしいですね。
菅: 今回の大事故をうけ、新増設というのが、国民の理解を得にくいと私も思っております。

福島: 新増設をしないということでよろしいですね。総理は原発に依存しない社会と仰っているんですよ。新増設したらダメじゃないですか。ここは、バシーッツと云ってくださいよ。(机を激しく叩きながら)(皆苦笑)
菅: (笑いながら)原発に依存しない社会をめざすということであります。 新増設について私は慎重に対応すべきだと思っております。

福島: 新増設は出来ないと思います。社民党は保安院と経産省を分離すべきだと云っております。環境省におくべきだと思います。経産省からしっかりひっぺがして、新たな規制庁をつくるべきだと思います。いかがですか、総理。
菅: 現在、細野担当大臣を軸に検討してもらっており、調整中。いずれにしても経産省に安全の部局をおくということは問題があると思っています。

福島: 環境省の外局がいいと思います。経産省の植民地にしてはいけません。
この事務局は片道切符。戻っちゃダメなんです。金融庁と財務省のように片道切符。
経産省の立地担当の課長が保安院に来てる。ずぶずぶでやってきたんですから。
総理は政官癒着と闘ってきたんでしょ。片道切符と云ってください。お願いします。
菅: 少なくても、どこかの植民地やらにはしない。推進するところと行ったり来たりというのでは国民の理解は得られません。片道切符という表現がいいのかわかりませんが、独立性をしっかりもった機関にならなければなりません。

福島: ありがとうございます。 行ったり来たりしてはダメなんです。来たらもうそこに骨を埋める。ずぶずぶの関係はダメなんです。
もうひとつ、新組織の長、または事務局のトップには、小出裕章さんのような3.11前から原発が危険だ、安全性について云っていた人にしてください。3.11まで原発は安全だと云っていた人は、全員退場してもらおうじゃありませんか。
国民が、まあこの人なら規制してくれるだろうという人を据えて下さい。
総理どうですか?
菅: この組織は来年の4月にスタートさせるという案です。その時点で責任ある方が考えて人選されるべきだと思っている。

福島:  総理、最高権力者なんですから、今云えるとこは何でも云って下さいよ。だってそれで新しい機構がどうかになるんですよ。ちゃんとそういう人を据える。総理の決意を知らせて下さい。
菅: 少なくとも両側の問題点をきちんと分かった人が、そういう立場につくべきだと思います。
福島: 両側ではダメなんです。だって規制庁ですから。経産省からみると不倶戴天の敵みたいな人がいるといいんですよ。


youtube 1


原発輸出についての質疑もありましたが、踏み込みませんでしたし、福島さんもそれ以上は求めませんでした。

菅総理は、今あまり一人先走って、これ以上寿命が短くなるのは防ぎたいというところでしょう。
しかし、原発に依存しない社会を目指して、外堀からジワジワと攻めています。世論のせいか、あまり文句も聞こえてこなくなりました。 
野党からエールを送られるなんておかしな構図ですが、粘っています。
本当に辞めるのでしょうか。 原発推進の前原氏が代表選に出馬しないようですが、形勢不利と読んだのでしょうか。ずるいですね。この震災の後、原発の収束も出来ていないこの時期に、誰も総理大臣になりたくないですよ。

菅さんには、もう一押し、二押し脱原発を進めてほしいですね。
核燃料サイクルを断念するとか、発送電分離とかまで踏み込んで下さい。
頑張れ!!

泊原発は、週が明けたら何か動きがありそうです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。