プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱原発基本法案 参議院に提出なるか

2013.02.18 23:58|脱原発基本法

脱原発後退「待った」 基本法案再提出へ (2/18 東京)

再び国会に提出される見通しとなった脱原発基本法案。衆院選と政権交代を経て、政治の景色は大きく変わったが、脱原発を求める世論は変わらない。 参院を舞台に、国政で脱原発のうねりを起こすことができるか。(宮尾幹成)


という記事が載ったのですが、リンクがここまでなので、以下を簡単に紹介します。

この13日に国会内で法案提出を目指す超党派議員の勉強会が開かれた。 民主、生活、みどりの風、社民の各党の有志が出席。 菅直人元首相の姿もあった。

出席者の一人が、3月11日までに提出を目指そうと提案すると、賛成の声がわき起こった。
安倍首相は民主党が掲げた2030年代に原発ゼロという政策を見直す姿勢。
今なお強い脱原発の声は圧殺の危機にある。 その流れに歯止めをかけようというのが法案の参院提出だ。

参院定数は242で、欠員6と議長を除くと過半数は118。共同提出に前向きなのは生活の党みどりの風社民党で計17人。これ以外にどれだけ賛同者を集められるか。

12人のみんなの党は、電力自由化からの原発の市場淘汰を重視していて「基本哲学が違う」としているが、最終目標は同じ。

日本惟新の会は「中身を見て判断する」
公明党は「40年後の原発ゼロ」を掲げ、法案の考えに共鳴する議員もいる。 だが、自民党と連立を組んでいて踏み込んだ対応はむずかしそうだ。

共産党は「即時ゼロ」を主張していて反対する見通し

かぎを握るのは、87人の民主党。同党が賛同し、みんな、惟新も足並みをそろえれば、法案は可決する。
民主党議員の相当程度は法案の趣旨に賛成だ。昨年衆院で法案を提出した時も、同党参院議員16人が賛同署名をしている。

ただ政党は、党議拘束をかけるし、電力会社や原発メーカーの労組の支援を受ける同党が、どういう決定を下すか。 輿石参院議員会長はまだ方針を示していない。

野党共闘の機運が高まり参院選の主要テーマに原発政策が浮上することになるだろう。



=====
衆議院で法案を提出した時の議員名はこちら

民主党議員も数多く賛同者になっていますが、この内何人が当選しているのでしょうか。調べなければなりません。

参議院議員の賛同者名は、
相原 久美子、 江崎 孝、 江田 五月、 小川 敏夫、 大河原 雅子、岡崎 トミ子、金子 恵美、今野 東、 田城 郁、ツルネンマルテイ、徳永  エリ、 那谷屋 正義、福山 哲郎、 藤谷 光信、 松浦 大悟、松野 信夫

民主党を自民党と差別化させるために、この「脱原発基本法案」提出するように後押しする必要があります。

「脱原発法制定全国ネットワーク」の河合弁護士は「衆院戦の時も実施したが、改選議員や新人候補には法案へのアンケートをとって、結果を公表する予定だ。」そうですので、それを待ちましょう。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。