プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カザフスタンと原発で連携強化

2013.02.19 23:24|原発輸出
やはり、原発輸出を禁止する。それも原発関連の技術、人材の輸出も禁止していかないと、
国内で脱原発が達成したとしても、輸出を口実に原子力ムラは解体できないのではと
考えさせられるニュースです。

日本とカザフスタン、原発で連携強化 ( 2/18 日経 )

日本とカザフスタン両国政府は18日、経済分野の連携強化をテーマに、都内で官民合同協議会を開いた。会合で日本原子力発電丸紅ユティリティ・サービスカザフスタン国立原子力センターは原子力発電所の技術協力で覚書を締結した。カザフスタンは2020年代に原発の新設を計画しており、日本から関連技術の輸出を目指す。

今後、両社はカザフスタンで電力需要や地理的条件などを調べ、原発が導入できるかを見極める。ただ、カザフスタンはロシアとも同分野で協議しており、実際に日本が原発を受注できるかは今後の交渉次第という。19日にはイセケシェフ副首相が茂木敏充経済産業相と会談し、原子力分野での協力や投資協定の締結などで合意する見通し。



日本原電は、現在敦賀原発の下にある活断層をめぐって、原子力規制委員会やその外部有識者会合と対立関係にあるように見えています。 原子力規制庁の(前)審議官から事前に資料をもらったりしてあせっていますが、原発の国内での稼働は難しいと考えているでしょうから、生き残りを賭けるこの動きは頷けます。

しかし、見張っていないとやりたい放題になるのでは・・・。
誰か見張っているの??


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。