プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子炉施設に係る新安全基準についてのパブコメ 募集中

2013.02.21 23:51|原子力規制委員会
2/12で締め切られた原子力規制委員会の「原子力災害対策指針に対する意見募集」は
3300も集まり、規制庁は未だそれをまとめることが出来ていないそうです。
本来ならば昨日の規制委員会でこのパブコメを含めて対策指針を決めてしまいたかったのですが、
27日に持ち越されているとのこと。

前にお知らせしたように、現在原子力規制委員会では、現在もう一つのパブコメを募集中です。
「発電用軽水型原子炉施設に係る新安全基準骨子案」に対するご意見募集について
意見提出期間:平成25年2月7日(木)~平成25年2月28日(木)

これはますます専門的で難しいのですが、多くの国民が注視している事実を突きつけるために
何とか一言でも書いて送りましょう。
締め切りは来週の木曜日なのでもう少し勉強しなくては・・・。

現在のパブコメは次の2つに分けて意見を書くようになっています。(上記リンクより入れます)
①「新安全基準(設計基準)骨子案及び ②新安全基準(シビアアクシデント対策)骨子案」に対する御意見について

「新安全基準(地震・津波)骨子案」に対する御意見について

当ブログ内の関連記事は
2/9 「そもそも新安全基準で原発は本当に安全になるの?」
1/27「ここが問題!原発「新安全基準」院内集会・政府交渉」

問題は沢山ありそう。
取りあえず可搬的施設があればよしとし、恒久的施設は計画があればよしとする。
通常はベントをすべきでない原発に、ベントを取り付けることで爆発を回避できるとしていること。
もっと根本的なことを云えば、そもそも福島事故の原因究明が未だなのに、安全基準を作れるはずはない。

最近、国会事故調の田中三彦氏らが、福島原発1号機の非常用復水器が津波到達以前に
地震で壊れていたのではないかと疑い現地調査に入りたいという要望を、東電が暗くて危ないという虚で断っていたという事実が明るみになりました。

ここから分かることは、そもそも原発の設計上の地震対策はどうするのか、そもそもこの古い沸騰水型の原発が設計上の不備を抱えているのではないかという疑問です。

これについて、東電はこれからは真摯に対応すると回答したようですが、本日の参議院予算委員会で原子力規制委員会の田中氏は「非常に放射線量が高く、実際の調査には年単位で(時間が)かかる」と述べたようです。
それでは、事故原因の究明は出来ないということです。原発が4基も修復不可能になっていて原発の安全基準を真面目に議論している人々って何なんでしょう。理性というものはどこにあるのでしょう。

書くのもバカバカしいパブコメですが、もう少しまとめたいと思います。
皆さまも挑戦してみてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。