プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浪江・小高原発の計画撤回

2013.04.04 21:57|他の原発の動き
東北電力はこの原発の新設を未定としていたのですね。 計画撤回は当然です。
しかし、女川、東通は再稼働をめざしているようです。

浪江・小高原発の計画撤回 福島第一事故後では初 東北電発表 (3/28 東京

東北電力は28日、浪江・小高原発(福島県浪江町、南相馬市)の新設計画を撤回すると発表した。予定地が東京電力福島第一原発事故後に警戒区域となったことに加え、地元の理解を得られず、建設は不可能と判断したとみられる。

原発新設計画の撤回は、他の電力事業者を含め、原発事故後初めて。東北電としては2003年に地元の反対などを理由に断念した巻原発(新潟県)に次いで2例目となる。

浪江・小高原発は出力82万5千キロワットで、予定地は浪江町と南相馬市小高区の計約150ヘクタール。用地は東日本大震災の津波で浸水し、原発事故後に全域が警戒区域となった。小高区側は昨年4月に避難指示解除準備区域になり、浪江町側も来月1日に同区域に変わる。

福島原発事故を受け、11年12月には浪江町議会が誘致を白紙撤回する決議を、南相馬市議会が計画中止を求める決議をそれぞれ可決。馬場有浪江町長、桜井勝延南相馬市長もそろって立地を認めない考えを示していた。

東北電は1968年に浪江・小高原発の建設計画を発表し、70年から用地買収を本格化させた。一部地権者の強い反対で用地取得は完了していない。

昨年3月には「16年度着工、21年度運転開始」としていた計画をいずれも「未定」とした。

東北電は、震災後に運転停止が続く女川原発1~3号機(宮城県女川町、石巻市)を16年度以降、東通原発1号機(青森県東通村)を15年7月に再稼働させる計画。東通原発2号機の新設計画もあるが、「16年度以降の着工、21年度以降の運転開始」の予定を震災後「未定」と変更している。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。