プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ 脱原発でも電力輸出超過 

2013.04.04 22:26|海外の動き

脱原発でも電力輸出超過 ドイツ前年の4倍 (4/3 東京

【ベルリン=宮本隆彦】2022年までの脱原発を決めているドイツで、12年の電力輸出量が666億キロワット時となり、輸入を228億キロワット時上回ったことが分かった。ドイツ連邦統計庁が2日発表した。

東京電力福島第一原発事故を受けて8基の原発を閉鎖したにもかかわらず、輸出の超過量は11年の4倍近くに増加。太陽光や風力発電などの再生可能エネルギーの急速な普及が要因となったとみられる

輸入は438億キロワット時。輸出が輸入を上回った結果、14億ユーロ(約1680億円)の黒字となった。前年の輸出超過量は60億キロワット時だった。

輸出先はオランダが最も多く226億キロワット時。輸入はフランスからが最多で132億キロワット時となっている。

ドイツでは12年の再生可能エネルギーの発電割合が原発より6ポイントほど高い22%と過去最高を記録した。

ドイツは東電福島原発事故後の11年6月に脱原発を決定。国内にある原発17基のうち8基は即時閉鎖、残る9基も22年までに閉鎖する。


ドイツでは、暖房は石油や石炭が中心で(フランスは原発推進のため暖房に電気を使用するようになっている。 日本の都会もそうですね。)冬に輸出が出来るようです。 
また、夏は気候がよいので冷房をあまり使用しないため需要が下がり、その間に発電所の定期整備を行います。 その供給が低下する分をフランスから輸入しているそうです。

ドイツはあと9年で脱原発をすることになっていてまだ原発は稼働しています。
実態は分かりませんが、目標を決めるということが、社会全体を大きく動かしているのだなという印象はありますね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。