プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳幼児用安定ヨウ素剤を早急に準備すべき

2013.05.08 15:05|原子力規制委員会
原子力規制委員会では、現在3つのパブリック・コメントを募集しています。

①規制基準(安全基準)  (5/10まで)
②「防災指針」の見直し  (5/9 まで) 
③商業用原子炉運転の上限を含む原子力規制委設置法の関係政令の一部改正 (5/31まで)

情報提供があり、時々はそのサイトを見たり、実際に原子力規制委員会の動画を見たりはしたのですが、やはり問題は複雑で、そして実際に委員会を傍聴したり、関係の集会に行くなりして資料を見ながら話しを聞かないと、素人にはむずかしい。

しかし、この②は締め切りが明日に迫っています
原子力規制委員会 原子力災害対策指針(改定原案)に対する意見募集について

前にパブコメを提出した「防災指針」、の見直しについて、原子力災害対策指針(改定原案)これは新旧対照表で見直し部分が赤字になっていますので、これは内容以前にまあまあ短く(19頁)わかりやすい。
(短いといっても、見直しされず決定された部分に問題がないという訳ではないが)

要点は、緊急時のモニタリングと安定ヨウ素剤の配布についてで、概要にまとめてあります。

(旧)PAZ(5km圏)においては、原則として避難と同時に安定ヨウ素剤を服用できるようにしなければならない。ただし、乳幼児は、施設敷地緊急事態から、安定ヨウ素剤を服用せず、避難することとなる。
↓  ↓
(新)ただし、安定ヨウ素剤を服用できない者や放射性ヨウ素による甲状腺被ばくの健康影響が大人よりも大きい乳幼児については、安定ヨウ素剤を服用する必要性のない段階である施設敷地緊急事態において、優先的に避難する


この施設敷地緊急事態とは何だかわかりますか?

この指針では、事故が起きた原発を緊急度に応じて「警戒事態」「施設敷地緊急事態」「全面緊急事態」の3段階に設定していて、例えば原発から5km圏内のPAZでは、一番緊急の「全面緊急事態」で安定ヨウ素剤を服用することになっています。

従って、「施設敷地緊急事態」では服用しなくてよいので、その時間内に避難せよということだと思います。 しかし、避難中に「全面緊急事態」になったら、大人は配布してある安定ヨウ素剤を飲めばいいとしても、乳幼児はそれを砕いてミルクかジュースにして飲ませるのでしょうか。 そもそも、(旧)では、服用せずとあるところから、乳幼児に安定ヨウ素剤を服用させることは想定していないと考えられます。

以前の「防災指針」についてのパブコメに書きましたが、そもそも日本には乳幼児向けのヨウ素剤は製造されておらず、海外では簡単に入手できる子ども用シロップも輸入する見込みがないようです。しかし、半減期の短いヨウ素は、早くに飲めば甲状腺への影響が少ないわけなので、乳幼児には必須です。
原子力規制委員会では、他の省庁に働きかける気はないとのことですが、整備を急がせて体制を整えてから指針をまとめるべきでしょう。
結局、前と同じ部分を指摘することになります。

小樽・子どもの環境を考える親の会のサイトに☆原発事故時に甲状腺被ばくを予防する安定ヨウ素剤についてという記事があり、興味深いですので是非ご覧ください。 その中にドイツ連邦環境省のホームページにある説明として、

「チェルノブイリ原発事故後、放射性雲(プルーム)が通過したポーランドでは、1050万人の子どもと700万人の大人に安定ヨウ素剤を服用させた。おかげで、その後甲状腺ガンの増加はみられなかった。一方、服用させなかったベラルーシでは、極めて稀な小児甲状腺ガンが100倍も増加した」

と引用されています。

安定ヨウ素剤の整備は、原子力規制に三本の矢があったなら、その一本に当たるべきような重要なものですよね。
ここについてパブコメを書きたいと思います。

参考に:
・原子力規制を監視する市民の会 こんなパブコメだしました!<防災指針編>5/9〆切

・「避難の権利」ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。