プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそも総研 「そもそも福島第一原発の過酷事故は『地震とは関係ない』と言い切れるのか」

2013.05.10 00:11|原子力規制委員会
明日5/10までに、原子力規制委員会の「新規制基準(安全基準)」についてのパブリック・コメント(原子力規制委員会設置法の一部の施行に伴う関係規則の整備等に関する規則(案)等に対する意見募集ついて)を提出しなくてはなりません。 そんな折、こんな放映がありました。 
もちろんパブコメが明日までなんてこと一言も言いません。 もう少し早く取り上げてほしかったです。

5/9 そもそも総研たまペディア 
「そもそも福島第一原発の過酷事故は『地震とは関係ない』と言い切れるのか」
1


去年2月、国会事故調査の田中三彦氏が、福島第一原発1号機の内部に入りたいと申しいれた、これに対して、内部は真っ暗で道に迷う、先導できないと東電から断られていた。しかし、これは虚偽だった。

今年3月、前衆議院議員川内博史氏が、1号機の内部調査をしたいと中に入って撮影もした。

1号機”内部“にこだわる理由は:
この二人に共通するのは、過酷事故は「津波」ではなく、「地震」で壊れて起きたのではないかという疑いをもっていること。
多くの人もこの疑問をもっていると思う。
川内氏の撮った映像も含めて検証する。

水素爆発はどこで:
鍵を握るのは、非常用復水器。
模型で見てみよう。 4階と5階の間にある。
上から撮影して、搬入口から赤いものが見えるが、これが非常用復水器。

2

非常用復水器とは、通常の復水器が作動せず冷却できない時の“最後の砦”
電源なしでも、蒸気を水に変えて約8時間冷却可能

電源が落ちても8時間はメルトダウンが起こらないはずだったのに、今回は地震から5時間後にはメルトダウンが始まってしまった。

可能性1::非常用復水器や配管が地震で壊れた
可能性2:壊れたから水素が漏れて水素爆発が起きた

次に重要なポイントは、水素爆発が4階か5階かのどちらかで起きたか。
4階で爆発したのなら、「地震」で壊れた復水器から漏れた可能性がある。



実際に見て、どうだったのか。:
川内: 4階で爆発が起きた可能性は大いにあると。何故かというと、4階と5階の間、4階天井・5階の床にある大物搬入口という大きな機材を出し入れする口があるわけですが、5m四方の大物搬入口には通常5.7m四方(1.5t)の鉄板がかぶせられている。
転落防止・安全確保のためにその鉄板が、4階から見て見事に吹き飛んでいる。ない。
これは4階の爆発によって飛ばされた可能性しか考えられない。
5

4
この映像を見た、元原子力プラント設計者の後藤正志氏、4階で爆発が起こった可能性はあるとする。
後藤: もし5階で爆発したら(鉄板のフタが)上からズボンと下に抜けて4階にあるはずなんですよ。だいたいあんな大きなものが見当たらないのはおかしい。
ということは、たぶん4階のほうからからすっ飛んで、とんでもない所にあるんだろうと推測している。
3

最初からフタが外されていた可能性はないの?
川内: 高いところに大物搬入口みたいな口を切る場合は、作業するときは転落しないように、通常取り外しのできる手すりをつけるのが法律上決まっている。

手すりがないということは、手すりを外していたということだから、作業していない、すなわちフタを閉めていた状況ということ。
実際に作業員責任者の方が、フタはちゃんと地震の前には閉まっていたという証言をしている。
4階での爆発について、東京電力に尋ねると、(実際の音声)
川内: 4階と5階で同時に水素爆発が起こった可能性は大いにあると。
東電: それはありますね。

東京電力に尋ねた見解は(昨日回答)
Q:4階で水素爆発した可能性はあるのか?
A:主たる爆発は5階で発生したものと考えている。
Q:事故原因は地震ではないのか?
A:今回の事故の直接的な原因は、津波襲来によって早い段階ですべての冷却手段を失ったこと


玉川:これは東電が随分検討したうえでの見解です。
主たるとし、直接的な原因としていることは、間接的な原因を東電さえも否定しきれない

もし地震で壊れたとしたなら、今後の規制基準をどうするのか。
原子力規制委員会田中俊一委員長は昨年9月に「世界一厳しい規制にする」と述べている。7月の施行に向けて、原子力規制委員会で原発の新規性基準を策定中。

本当に世界一の基準?:
元GE原発技術者・原子力コンサルタント 佐藤暁氏
玉川: 政府含め世界で一番厳しい基準にするんだというふうな話なんですが。
佐藤: 世界一と呼ぶには到底たっしていないと思う。
6
玉川: 具体的にどういうところが足りないと思うか?
佐藤: 原発の設計をするときの地震の(揺れ)加速度があるが、ヨーロッパの場合は、1万年に1回発生し得る一番大きな揺れ方、アメリカの場合は10万年に1回と、基準が数値としてはっきりうたわれているが、日本の場合は、依然としてその基準が出ていない。
加えて、これまで設計基準がどうだったかといえば、2005年から4回の地震で、設定した基準に対して超過が起こっている。
7
佐藤氏によると、わずか6年の間に起こった4回の地震で女川原発、志賀原発、柏崎・刈羽原発、福島第一原発で設計基準を超えた揺れが観測された。

佐藤: そういうものに対して、当然見直しをすべき。

さらに、地震対策のほかにも不十分なことが。
佐藤: テロに対しても、考えられないような攻撃にたいして対応できていないといけない。諸外国では、原発に事業者の責任として戦闘部隊を配置しておくというのが常識だが、
日本は相変わらず武器おない民間の警備会社に委ねている。

(火災に対して)アメリカの場合は、発電所の自衛消防隊が最後まで消火の責任をもつ。
消防署はあくまでその自衛消防隊を支援する。 何故かというと、発電所の中は非常に入り組んでおり、どう対応していいかわからないし、どういう設備が設置されているのか、水をかけていいものなのかどうかわからない。 発電所の職員から編成されている自衛消防隊が、しっかり責任を持ってやることになっている、
日本では初期消火止まりに責任も限られている。
いざ、火災が起こったときにも不安がある。

高木: 佐藤さんの話は、具体的な危機に対して、具体的な対策がこれだけ足りていないと言っている。
現時点で、非常用復水器が地震で壊れたかもわからない状況で、具体性が、イメージの貧困というか欠けている。その中で、安倍総理はトルコで原発をトップセールしてきてしまっている。もしトルコで地震があって何かあったときに、ほら日本の原発だめじゃないか、といわれる可能性がある。
玉川: そのときは容赦なく損害賠償請求がくるかもしれない。

玉川: 非常用復水器が壊れた原因は、2つに限定したはなしではない。他にも可能性がある。とにかく中をくまなく見られない。つまり、地震の影響が否定できないというのが正確なところ。否定できないなら、それに則った規制基準を作らなければならないのに、そうはなっていない。
玉川: 世界最高の規制基準に全然なっていないじゃないかと。規制委員会の中に専門家もいて、最高じゃないってわかっているんじゃないですか?
佐藤: わかっているでしょう。 できないということですよね。

世界一厳しい新規制基準はできないのはなぜか?:
佐藤: 昔からそうすると原発が建てられないとか、運転できないとか。本来は基準を作ってそれにあわせて発電所を作らないといけない。いったんできてしまった発電所に対しては、発電所にあわせて基準をつくってしまうと。それが現実として出てしまっている。
そこに踏み込めないということだと思う。
玉川: つまり今ある原発をとにかく動かすんだという前提があると、それにあわせた基準しかありえない。
佐藤: はい。(設計基準を)ヨーロッパのように1万年に1回の地震の揺れの加速度にするとか、どこで火災が起こっても安全系が脅かされないような設計にするとか、それを打ち出すと適合できる原発はゼロになってしまう。
玉川: ゼロになる?
佐藤: なると思う。

羽鳥: 世界一厳しい安全基準を作ったら、全部アウトということですか。危ないということですね。
玉川: 日本の既存の原発はアウト。
国会事故調の野村さんが言っていたが、本当に日本でこれからも原発をやっていくと国民が選択するなら、もう一度新しい原発で、ここだったら最高基準でも大丈夫という場所に新しくつくらないとダメなのでは。そういう根本的な議論をしないで、今の原発を動かそうとしている限りは、規制の専門家にとっても、そんなの無理という話になる。
今日のむすび:
厳格な「地震」対策が盛り込まれないまま再稼動してはいけないのでは―。
8
玉川: 規制委員会に是非、世界一の基準を達成するというミッションを果たしてもらいたい。まずはそれをお願いしたいと思うそもそも総研でした。

==========
福島事故は津波が原因とし、詳しい原因究明も事実上出来ないまま、新規制基準案を作成した原子力規制委員会は、明日までのパブコメを国民からのお墨付きとして、規制基準を定めていきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。