プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発再稼動バトル 自民党 山東昭子 × 生活の党 森ゆうこ 

2013.06.11 21:10|政策
原発推進の自民党議員の生の声を聞くことは意外にありませんよね。
ここで、山東さんが声高に語ってくれました。けれど・・・認識があまりに旧態依然。こういう人こそ、福島第一の4号機燃料プールの脇まで行ってもらいたいと思いました。

片や、森さんは随分とテレビ慣れもしてきたし、山東大先輩を論破していてお見事。もっとも山東さんの原発推進の論拠は弱すぎたが。
生活の党の、いわゆる小沢ガールズは素晴らしい人が多いので、注目してください。

最後は掛け合い漫才のようでしたが、それでも女性二人が原発をめぐって論議するのは珍しく、これが男性政治家だとしたら、言葉が堅苦しいし、口は重いし、何を言っているのか分かりにくいし、ここまで軽やかに論議できませんよ。そういう意味ではおもしろかったですね。 こういう議論をどんどんしていくことは大切だと思いました。

グリーン文字は、schnauzerの突っ込みです。

6/6 BS11 Inside OUT 「政策別徹底バトル 原発再稼動」 
自民党 山東昭子 × 生活の党 森ゆうこ

再稼動賛成 山東昭子
・ 安定したエネルギー供給
・ 成長戦略
・ 環境問題

22年前に科学技術庁長官を務めた者として、日本の原発は地震には強いが、津波に対して見通しが甘かったと反省している。被災地6県の生活再建のためには、安定したエネルギー供給を果たさなければ日本の発展ない。原子力規制委員会が慎重に、かつスピーディに事を進めて、一日も早く再稼動して人々の生活の安定に繋げたい。

現在は、火力発電に頼っているが、80歳の人が全速力で走っているようなもので、いつ倒れるかわからない。これは膨大な貿易赤字にも繋がるので、安価で安定したエネルギー戦略を立てていかなくてはならない。 企業が国外に行かないように、電気料金が上がっても価格に転嫁できずに不安に思っている人が多い。
CO2の削減について誰も言わなくなっているが、やはりクリーンなエネルギーとして、安全で安心できる原発を作っていきたい。

再稼動反対 森 ゆうこ
・ 脱原発こそ成長戦略
・ 福島原発事故の原因が未解明
・ 原発なくても電力は足りている

原発ゼロにするということで、再生可能エネルギー、ガス田、油田、新たなメタンハイドレードに力を注いでいくことが、成長戦略。
そもそも福島の事故原因が明らかになっていない。国会事故調は、原因は津波ではなく地震のときに既に事故は起きていたとしている。残念ながら、予算委員会にお呼びしようと思ったが、自民党から反対されてまだ話を伺っていないが。
原因が究明されていないので、安全対策はできないと思う。

地元の柏崎刈羽原発で避難訓練をした。一部の住民だけの参加だったが、それでも道が渋滞して、本当に事故が起こったらこれは逃げられないと、県知事などからも指摘を受けた。
残念ながら、昨日福島県の発表で甲状腺ガンの子どもが12人目になった。通常は100万~200万人に1人と言われている。それをはるかに超える確率で出ている。痛ましいこと。
子どもたちの未来を守るためには、脱原発で成長戦略をやるしかない。

ここに東京オリンピック招致委員会がIOCに提出した立候補ファイルの一部を持ってきている。
電力について書いてあるが、充分足りていて、オリンピックを招致して需要が増えても足りると丁寧に書かれている。東京電力管内の電力は、石油、都市ガス、火力発電、風力発電等々、原発は書かれていない。
そしてわざわざ、都内には東電が所有している原子力発電所は存在しないと、原発が存在しないことを宣伝文句に使っている。これは国際公約これは政府にも東電にも確認したが、ここにある記述は正しいと。
つまり政府は原発がなくても電力は足りていると政府は国際公約している。
 それなのに、柏崎刈羽の再稼動はいいのかと新潟県民から怒りの声があがっている。
関連の業者の中には、早く廃炉にするのか決めてほしい、新しい産業で地域を活性化してほしいという意見も寄せられている。
  
: 地元では日本最大の油田、ガス田になるといわれる上越海丘が試掘されている。メタンハイドレードも日本の100年分のエネルギーを供給できるといわれている。
アメリカのシェールガスも、10年前はあんなものといわれていたが、その旗を掲げて再来年世界最大の産出国になるといわれているが。 それもオバマさんの宣言がアメリカの経済を引っ張ったという分析もある。
CO2出さないガスコンバインドサイクル、そして世界一の石炭火力に、古いものはリプレースしていく。 そしてそれを海外に輸出していく。事故が起きたら故郷を壊してしまうような原発をトルコのような地震国に輸出するという非倫理的なことはやめて、皆がハッピ-になる新しいエネルギーのプラントを輸出するほうがよっぽど感謝される。

ここで司会者が、燃料輸入増加が貿易収支悪化の要因とする分析図を提示。
schnauzer-しかし細目は、鉱物性燃料 うち原油、液化天然ガス、石炭となっていて、これが火力発電のための燃料という分析はない

: 今の電力供給システムをそのままにしておかないで、発送電分離などの電力改革を行うこと、高く買っているLNGの輸入先を変えるなど、自前のエネルギーに集中的に投資を行うことが需要。石炭は古い火力と思われるが、今は世界一の技術をもっている。
こういうものを海外に輸出していくことが大切。電力会社も内部留保を持っていないで、電力料金の引き下げに使うべき。

だいたい、原発のゴミの処理はどうするのですか。 また事故処理のお金を考えると、原発は安価で安定的な電力でないことは、ここで説明するまでもない。

司会: 山東さん、安心をどう担保してくれるのか?と 気にしている人多いと思うが?
山東: チェルノブイリと同等に考えていることが間違い。タイプが全く違う。
チェルノブイリは重水炉でフタがないタイプ。福島は沸騰水型だが、世界の主流になっているPWR(加圧水型)のほうが他の地域で多い。そもそもこれは原子力潜水艦の中でと計画されたので、汚染地域が狭く安全なので、これからは安心、安全なものをやる・・・この間は、初動のミスが非常に大きかったために大きな事故になってしまったということが、前政権の問題点だと思う。 (schnauzer-おや、加圧水型も問題があり米国で廃炉になっていますが・・・)

司会: 森さんは、事故原因がわかっていないのに動かすのはどうなのかと。
山東: 原子力規制委員会でだいたい答えが出ている。これから先は安心できるものを、決定していけばいいのですから。
立地も、女川の場合は高い防潮堤があったが、どういうわけか福島は10mほど低く作っていたのも問題だった。
太陽光パネルも、中国が安いコストでやり始めたので日本はとてもついていけない。電気料金が安くなるならいいが、上乗せされる。
新潟のシェールガスも1月分しか出ない。代替エネルギーも時間がかかる、その間に日本の町工場が滅びてしまう。日本は島国で欧州のように隣国から電力を買えないのだから。


原発のゴミについて
山東: ガラス固化体にして 300m地下に埋めれば大丈夫なんです。
地産地消とおっしゃったが、これからの日本は新しい農業を伸ばしていかないといけない、それには放射線が必要だ。日本は原子力の平和利用をした。私が大臣のときに放射線医学総合研究所がオープンしたが、重粒子によりガンの治療、CTスキャンなどで皆お世話になっている。
原子力をゼロにするなど軽々におっしゃるというのは、日本の生活を・・・

司会: 多くの人は、原子力を全否定しているのではなく、原子力発電が不安だ、心配だと言っているわけで・・・。
: 大きな湯沸かし器であって、別に原発を使う必要はない。
政府が提出したオリンピックの立候補ファイルに、わざわざ原発がないので安心だから来てくださいと。

山東: 正しく恐れることが大切。 1ミリシーベルトというあまりな壁を作ってしまったために、福島の子どもたちどうなっているか。 外で遊べない、ストレスがたまっているという実情がある。

: 放射能は大丈夫だと、福島の原発はたいしたことなかったと、放射能の影響もたいしたことはないのだとおっしゃりたいのかもしれませんが、既に、子どもの甲状腺ガンが12人目が確定してしまった。
山東: 原因はまだわかっていない・・。結果はまだわかっていない。
: 1ミリシーベルトに根拠がないという話は、一体何を根拠に言っているか。
わが国の放射線の規制は・・・
山東: 森さん、私たちの体の中にもあったじゃないですか。昭和39年の中学生の尿のほうが、汚染度が高かった。正しく怖れるということが一番。

毎日新聞論説委員 松田喬和: (議論を整理すると)廃棄物をどうするのか。
そして、日本場合は今の段階で電力を外からもってくるのは難しい。

: ドイツはフランスの原発の電力を買っていると、安倍総理も甘利大臣も言うが、一体誰からこの話を聞いたのですか?
ドイツに行ったとき、環境大臣に直接聞いたが即座に「NO」と言われた。 フランスは川の水で冷やしている。夏場は冷却水が減るので出力を上げられない。冬場は暖房にかかるのでドイツに輸出する余力はない。先日ドイツ参議院議長団が来日したときにも聞いてみたところ「ドイツは電力の輸出国でフランスから買っていない」ただ、確かにヨーロッパは自由化されているし、電気に色はついていないから、融通はあるが、全体としては輸出している。
日本で電力会社がいくつかに分かれていて少しずつ融通しているが、それと似たようだと思った。

松田: IAEAの資料にもフランスとドイツの間で相互に電力を融通しあっている・・・
山東: 間違いではないですね。(森氏にむかって)その情報がおかしい・・・

森さん、説明が少し足りません。フランスの状況にドイツの実態も加えてください。ドイツでは、暖房は石油や石炭が中心で冬に輸出します。夏は気候がよいので冷房をあまり使用しないため需要が下がり、その間に発電所の定期整備を行いその分をフランスから輸入します。他の国とも融通し合い、1年を通して輸出超になったようです。)
参考に→ドイツ 脱原発でも電力輸出超過 


視聴者のアンケート集計結果
あなたは原発再稼動に賛成ですか?
YES 35%   NO 62%   どちらでもない 3%



山東: もちろんベストミックスという、新しい研究も進めている。それが効果があるかということ。太陽光パネルも10から15年後に劣化するのでその処理はアスベストより環境に悪いといわれているし・・
: 10万年かかる原発のゴミよりよっぽどましなのでは。
いろいろな方と原発についてyes noで話すが、
山東先生のように、ガラス固化体にして300m下に埋めれば安心なのよと言い切った方は始めて。推進の方でも原発のゴミの話になると「うんそれはね~」となる。


山東: もちろんベストミックスでやるべき。 原発再稼動には問題もあるし、住民の意識もあるし、人生を一変させて家族がバラバラになった福島の方の気持ちを考えると、簡単には言えないが、将来のことを考えて、優先順位をつけて、その中で何をやらなくてはならないかをきちんと分析して、やっていくべき。 

: LNGは買い手市場になっているという現実はあるし、既に高く契約してしまっているという問題もある。 ロシアからの売り込みもある。 
新党改革のあらいさんが中心になって作った「土地の買い上げ買い取り法案」を民主党を除く野党、みんなの党、生活の党、社民党、みどりの風、新党改革の議員立法で明日提出する。
事故の処理も出来ていない、汚染水の管理もままならない、こういう状況の中で再稼動すると・・・。 やはり動かしていると、地震が起きたときに熱があるのでリスクがあると田中規制委員長が答弁している。
新潟での拡散予測によると、原発の恩恵を受けていないところに放射性プルームが来るんです。

山東: 日本の技術を信用しましょうよ。よその国がいい加減な原発を作ったらどうするんですか?
: 新たな安全神話ですね。 どうして原発でないといけないんですか?原発でなくても電気はできますよ。中国が原発だから日本も原発なんですか? 全然わかりませんその理屈は。どうしてそんなに原発を進めたいんですかね?

山東: 中国でいい加減な原発を作って爆発したらどうしますか?
: だから、原発じゃないほうがいいじゃないですか。 別のものを売り込めばいいじゃないですか。 安全だからと中国に日本の原発売るんですか?
山東: 事故の収束は石棺などで収束させることと、別に考えていかないと、ずっと引きずっていったらいつになっても平和はない。
: 事故の後始末もできていなのに。 原因もわからないのに・・・。

司会: お二人の意見はよくわかりました。 見ている方がまだ安心かどうかわかりませんがこの辺で。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。