プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO NUKEのバッジ

2011.08.22 22:10|脱原発
東京電力は23日未明、柏崎刈羽原発7号機(新潟県柏崎市、刈羽村、135.6万キロワット)の発電系統と送電線を切り離し、定期検査に入る。
期間は83日間で、再稼働の可否を判断する安全評価の1次評価も行うが、新潟県の泉田裕彦知事は「福島第1原発事故の検証を先にやるべきだ」と、運転再開に慎重な姿勢を示している。(8/22 毎日jp)

泊2号機、定期検査へ 26日中に運転停止
北海道電力は19日、泊原発2号機(出力57・9万キロワット)の定期検査を26日から始めると発表した。同日中に運転を停止し、発電が完全に止まる。北電は検査期間を85日間程度と予定している。ただ、道や地元自治体の同意が事実上必要だが、合意形成の具体的な枠組みは決まっていない。再起動の時期は流動的だ。(8/20 asahi.com)

柏崎刈羽の7基中稼働は2基、245.6万kwの出力。26日になると、全国では全基中13基の稼働となります。
東京電力管内は電力が余ってしまっているので、全く問題になりません。
北電関内でも2号機騒ぎがあったのであっさり止めるようです。無論想定内。

秋に4基、冬から春に8基、初夏に先日営業運転に移行した泊3号機の定期検査が待っています。
その間に、定期検査中の稼働問題も順次起こってくるでしょうし、いやはやエネルギーが要ります。

日本では、NO NUKEの真っ黄色の地に黒い顔のバッジが普通です。 小さいものを入手して身につけたいと思っているのですが、ドイツでは少し洒落た色のものが出ているようです。こちらがほしいですね。

オルタナより

福島原発事故の後に登場したバッジ

バッジ

3月の福島原発の事故を受けて、ドイツでは頻繁に反原発デモが各地で開かれた。その時にひっぱりだこだったのが、「原子力?お断り」のマークだ。ステッカーやバッジはもちろん、旗やTシャツもあり、環境団体などが販売している。

デモ以外でも、店舗のショーウインドウにさりげなく貼ったり、自宅の窓ガラスやベビーカーに貼ったりしている人もいる。反原発運動家だけでなく、一般市民もこぞって買い求め、一時品不足となったほどだ。

福島原発をきっかけに、新しいマークも登場。「フクシマは警告する。すべての原発を停止せよ」と書かれ、黒を背景に、黄色い顔が戸惑ったような表情をしている。

福島での事故により早期の脱原発を決定したドイツでは、チェルノブイリを思い出し、自分のことのように日本を心配する人がたくさんいる。



この国は唯一の被曝国でデータは沢山持っていたのに、低レベル放射線の長期被曝や晩発性の被害についての研究はなされてこなかったというのが、放射線の影響についての事実らしいですね(米国内でもこの研究は抹殺され、それは日本でも医学界、原子力関連の研究者の学会なども行ってこなかった)。

従って、直ちに影響はないのでなく、100mCb以下の影響については、学問的な研究がなく、放射線の影響は少量でもDNAに影響を及ぼすことは十分考えられると伝えられるべきだったし、これからそういう方向にいってほしい。

米、野菜、魚など食物については、放射線の量を計り記載して出荷すべきでしょう。 
基準値について明確にすべきですね。 風評被害ではなく、被害は被害。
選択するのは、消費者ではないでしょうか。

風評被害は可哀想とわざわざ汚染したものを食するより、分かって選択したいです。今、抜け道を作っても結局騒ぎが広がって収集がつかなくなる羽目になります。
チェルノブイリ以前から、またそれ以降も汚染はあったようですから、計っているのなら福島事故以前の量も教えてほしいです。
生産者に“基準値以下だったので安心しました”と云われても、その基準値が安心できる基準値ではないのですから・・・。

放射線は掃いて消えないのですから、これから何万年もつきあっていかなくてはならないものになりました
もっと科学的に上手につきあっていくことを考えていきたい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。