プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルからの来客

2013.08.07 21:58|モンゴル
モンゴルのウラン鉱石を使って原発を稼働し、使用済み核燃料をモンゴルに戻すという新方式と抱き合わせで日本の原発を輸出していくのではないか? それをモンゴルが了承したので、安倍さんが意気揚々と原発輸出を進められるのではないか?というかなりあり得る構図について、前の記事でご紹介しました。

本日ネットを見ていたら、

Aomori Civic Journalists Association 市民ジャーナリストチーム青森というサイトに、8/2六ヶ所村の日本原燃PRセンターにモンゴル(政府?)から来客があったようだとの記事がありました。

記事から、日本はウランをほとんどアメリカから濃縮ウランとして輸入していて、それは日米原子力協定で管理されている。しかし、1500tはウラン鉱石として輸入して六ヶ所村ウラン濃縮工場で濃縮しているとありました。原発にすると1~2基分とも。

ウラン鉱石はカナダからと記憶しているのですが、これが9月の日本とモンゴルのEPA締結により、モンゴルからの鉱石も入ってくるとするなら、これによって出来た核廃棄物はモンゴルに戻すことが出来るようになるってことでしょうか。

これからの廃棄物はトイレが出来てしまうということ?
ううん~。これはまずいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。