プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次はどこ?

2011.09.03 23:54|小出裕章氏
9/1の「種蒔きジャーナル」の小出先生の発言

千葉「さてこの1週間の間にいろいろニュースが出ておりまして。まずこれからお伺いしたいのですが。え、総理大臣が脱原発を言っていた菅さんから、同じ民主党でありながら、止まっている原発はできるだけ早く再開したいという意見を持っている野田さんに替わりますけれども。これは小出先生、どうおもわれますか」

小出「はい。まあ始めから政治が大嫌いだというふうにお伝えしてきたつもりですけれどもえー…、残念です

千葉「やっぱり、残念ですね」

小出「はい

この番組での小出先生は、司会の女性アナウンサーの菅降ろしの激しい勢いにも反論せず、政治嫌いを通し、菅さんをよく分からない人というスタンスをとってきました。
しかし一昨日、原発再開に積極的な野田氏の登場について、このように言葉を詰まらせるほどに残念がるのならば、脱原発の一点をもって菅さんを支持するという発言をしてきてもよかったのではないでしょうか。
にわか脱原発のファンにも大きい影響を与えているこの人が、脱原発依存社会を云いだした総理大臣を支持しない手はなかったのではと思っています。

来年春過ぎにすべての原発が定期検査に入り、すべてが再稼働が出来なければよいと思っています。
泊原発3号機の営業運転移行についても、菅さんは原子力安全委員会の評価も得るようにとハードルを高くしたのですが、既に辞任を表明していたので、この評価は内容がなかったのにも拘らずそれ以上は何も出来ませんでした。

次は定期検査で停止中の四国電力、伊方原発3号機の再稼働が焦点となるのでしょうか。
ここはストレステストの1次評価を9月中に終えるそうで、その評価を原子力・保安院が評価します。評価には2~3カ月かり、後は、首相、経産相、官房長官の容認、そして地元自治体の容認があれば遅くとも12月には再稼働の条件が揃います。

開発中止か否かが議論になっている高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)について、中川正春文部科学相は二日、来年度予算に必要経費を計上する方針を明らかにした。(9/3 東京)

昨日9/2 「終焉に向かう原子力」実行委員会主催の 広瀬隆氏の講演会「新エネルギーが世界を変える原子力産業の終焉」に行って参りました。
夕方からの一番眠い時間でしたので、ところどころ夢心地になりましたが、大変におもしろい話でした。これからのエネルギーについて少し学んできてみて、この方の意見は説得力があります。収穫大いにありました。
著書も買いましたので、また報告します。
「新エネルギーが世界を変える」 広瀬隆


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。