プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9・11脱原発アクション

2011.09.11 23:54|脱原発
河野太郎氏のブログの記事に依ると、鉢呂氏の辞任は脱原発派にとって思ったより残念なことだったようです。一部引用

・・・しかし、残念だ。
鉢呂経産相は、野田総理の原子炉の新規立地はしない、耐用年数が来たものは確実に廃炉にするとの方針を着実に進めようとしていたし、それを実現するためのかなり大胆な人事を考えていた。

経産省内外の抜擢すべき人物の発掘を多方面に依頼していたし、ガンとよばれる幹部の異動も考えていたふしがある。
個人的にはかなり期待していただけに残念だ。

失言にはきちんと陳謝し、撤回する等の対応が必要だが、失言でやめさせるのではなく、誤った政策でやめさせるべきだ。失言した分を取り返すために死にものぐるいで働いて、正しい、推進するべき政策を進めるほうがプラスが大きい。

今回は、不思議なことに与党幹部からも後ろから鉄砲で撃つ発言があった。
なにか裏があったのだろうか。
東京新聞特報部、テレビ朝日の玉川さん、自由報道協会、正義を守るために出動せよ。・・・



鉢呂氏辞任記者会見にて、鉢呂氏にエールを送り、態度の悪い記者に苦言を呈したフリージャーナリスト田中隆作氏のブログをご覧ください。 
記者クラブの記者は、東京電力のお友達。事実を追求するジャーナリスト魂を完全に失ってしまってエリートサラリーマン化しているようです。マスコミの報道の限界がこれほど明らかになったことはありません。
東京電力に対して「御社の・・・」と敬語で対応している始末ですから・・・。

河野氏のブログにあるジャーナリストや、田中氏のような人々に頑張ってもらわないと、この国はおかしい方向へ向かっていきそう。

3・11から6カ月の本日、脱原発デモが日本全国で行われました。
schnauzerは、日比谷公園から東電、経産省前を通るデモンストレーションと経産省を人間の鎖で囲むアクションの前半のデモだけに参加。 今日はデモには暑すぎました。ここで1000人くらい参加したようですが、日本中でどのくらいの人数だったのかな?

歩みはゆっくりだし、同じ考えの元に集まった市民が声を上げるのは非常に気持ちよいものです。単に警察に道路交通法の許可を得てするデモは、悪いことでは全くないのですが、どうも若い人にはお上に逆らうことは悪いことという思い込みがあるようですね。欧米ではよくあることです。
原発事故の後、横並びでなく自分の頭で考えて行動することが、市民として必要だということが、改めて問われています。
原発にどう向き合うかということは、そのうち国民投票が行われるなんてことになったら絶対考えなければならないことです。
周りの様子を見ながら自分の考えを決めるのではなく、自ら考えていくことが大切だと再認識して行動を始めています。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。