プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投票に対しての態度保留

2014.01.20 23:31|都知事選
さて、次は混戦状態の東京都知事選に取り組まなくてはなりません。

順当に考えれば、宇都宮健児氏を選ぶことになります。 H24 の都知事選では宇都宮さんに1票を投じました。
前回どんな結果であったのかおさらいしておきましょう。

2013/12/17  東京都知事選
猪瀬 直樹   4,338,936
宇都宮 けんじ  968,960
松沢 しげふみ  621,278
笹川 たかし  179,180
  ・
  ・
有権者数: 10,619,652
投票者数:  6,647,744
投票率:   62.60 %

今回のこれまでの立候補者は、宇都宮健児、田母神俊雄、ドクター・中松(中松義郎)、舛添要一、 中川智晴、五十嵐政一、細川護煕、鈴木達夫、 根上隆、 平澤求、マック赤坂(戸並誠)、ひめじけんじ、 内藤久遠


ここにきて、脱原発を掲げて闘うとされる細川護煕氏と、宇都宮健児氏の一本化に向けての動きが激しくなってきています。

細川氏、一本化せず 都知事選 脱原発の会に返答 (1/18 東京)

 東京都知事選で、脱原発を目指す二人の予定候補者に一本化の話し合いを申し入れていた「脱原発都知事を実現する会」は十七日、元首相の細川護熙(もりひろ)氏(76)から調整に応じないとの返答があったことを明かした。一本化は失敗に終わり、共同代表の河合弘之弁護士は「残念だ。脱原発候補が当選できるよう、どちらかを応援したい」と話した。

 実現する会は都内の脱原発グループの集まり。河合弁護士によると、細川氏は「いかなる政党、団体とも提携せず、独自の知恵で脱原発を進めたい。立候補の調整は無理」と返答。前日本弁護士連合会長の宇都宮健児氏(67)は「公開の場での討論を通じて有権者に判断してほしい」との考えを伝えていた。



本日1/20 一本化が不調に終わった「脱原発都知事を実現する会」を立ち上げた鎌田慧、広瀬隆、河合弘之、湯川れい子 宮台真司、吉岡達也の各氏が、会の事務所を開設して勝手連的に細川氏を支援し、その輪を広げていくことを表明しました。

これらの人々は、特に小泉氏についての懸念は持ちつつ、この好機を逃さずに脱原発を推し進めるために、脱原発を一本化して票を集め、東京都民として「反原発」「反安倍」を強く打ち出したいということです。

schnauzerは当初、宇都宮氏では人気投票の都知事選には勝てないと考えていました。
ところが、宇都宮氏のこれまでの業績や、人となりを知れば知るほど、地味だけれどこういう人が都知事になれば、希望のまち東京に近づくのではと思い始めています。

しかし、やはり山本太郎氏の時のように、多くの市民、特に若者を夢中にさせるような選挙戦がなければ、票は集めることは出来ないとも考えます。

孫崎享氏は「白猫でも黒猫でもいい。ネズミを捕るのがいい猫だ」と言い、河合弁護士は「脱原発を実現するためには、悪魔とでも手を握る」と言ったそうです。 

また、宇都宮氏を現在のところ、共産党、社民党、緑の党などが推薦しています。

実は本日、共産党のチラシと共に、宇都宮氏の政策ちらしがポストに入っていました。
共産党は地盤とお金があるのですね。
この共産党の推薦を受けているというから距離をおきたいのは宮台氏でした。

共産党推薦はよくなかったのではないでしょうかね。 
宇都宮さんは共産党系だという印象が強くなって、拒否反応がでるのではないでしょうか。(最も若者にはそういうアレルギーはないのかもしれませんが・・・、schnauzerには残念ながらある程度残っています)
無所属でもよかったのでは? 無所属なのかな?

細川陣営の公約発表は22日午後5時とのことで、「脱原発都知事を実現する会」は公約発表を前に見切り発車して(最も、文書にはなっていないが、政策担当者の話では脱原発を公約にするとのこと)これをマスコミに取り上げてもらいたい。

脱原発派としては、なかなか悩ましい選択ですね。

しかし、脱原発は世界の潮流だし(特に先進国)、使用済み核燃料は数年後には、原発サイトも六ヶ所村も一杯になって結局は止めざるを得ないのが実情だし、小泉氏がとりたてて「脱原発」を叫ぶまでもなく「脱原発」せざるを得ない。
となると、お得意のシングルイッシューの「脱原発」で、中道右派から左派まで広く支持をとりつけ、ネオリベラリズム一色の独裁政治を小泉親子は狙っているのではないでしょうか? 構造改革の旗手が希望のまち東京なんて志向するわけないですよ。

橋本徹氏も渡辺喜美氏も脱原発って言っているし・・・。
構造改革派は、原発の構造も解体したいんでしょ。

細川陣営の公約を作りの中心には古賀茂明氏が入っているという話もあり、多くの浪人(元、前政治家)が集まっているようですし・・・、隠遁者は何も分かっていないのだから、船頭ばかり多くてもねぇ。

動きをチェックしながらよく考えるということですね。う~ん、悩まし・・・。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。