プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石垣市長選の結果

2014.03.03 10:51|2014年選挙
選挙戦と昨日の開票結果の模様をtwicasでウオッチしていた、昨日3/2の石垣市長選は、

中山義隆: 1,5903
大浜長照: 1,1881

で自公推薦の中山氏が再選し、保守市政の2期目となります。

有権者数: 37,253人
投票率 : 75.19% (前回77.42%)

・・・今選挙は、中山市政4年間をどう評価するかが焦点。告示後は防衛省が南西諸島の有人島で警備部隊の配備を検討していることが明らかになったが、争点にはならなかった

・・・大浜氏は2月以降、有権者と直接会って支持を呼びかける「どぶ板選挙」を展開。一部の保守層を取り込み、「市民党」を標榜し、「市民が主人公の石垣市を取り戻そう」と呼びかけたが、有権者には浸透しなかった。自衛隊配備問題が浮上して以降、従来の革新色が前面に出てしまった。・・・(3/3 八重山毎日)


また同日行われた石垣市議会議員補欠選挙は、市長選とセットで戦われましたが、中山陣営の東内原氏が当選し、大浜氏と共に戦った崎枝純夫さきえだすみお)氏は、残念ながら破れました。 9月に市議会議員選挙が行われる予定ですが、崎枝氏はこの選挙に出馬すると、昨日語っていました。

前回2010年の市長選の報道によると、4期続いた大浜市政の多選批判と刷新が浸透したそうで、平和を訴えた大浜氏に対して、基地のない石垣市では共感が得られなかったとの分析でした。
中山氏: 1,6421
大浜氏: 1,1407

前回の得票数からすると今回、中山氏は518票減らし、大浜氏は474票増やしたのですが、覆すことは出来ませんでした。 自衛隊の基地配備がどうなるかまだ明らかではありませんが、この選択が美しい島の未来を変えることに繋がらないことを望みます。

今回、大浜氏は保守の一部を取り込んで選挙を行ったようですが、それでも自公の票は固く、無党派層の投票率を上げることが出来ませんでした。 この島では自公とそれ以外の票の差は4000~5000で、固定化しているようです。
無党派の票をどう動かすかが、都知事選での問題でもあり、これからの選挙の課題だと感じています。

大浜氏は前回選挙で落選した後、石垣島でなく僻地の診療所で診療を行っていたようで、それも敗因のひとつではないかと勝手に推測しています。

宇都宮氏がいつも言っているように、日常の活動の一環として選挙がなくては勝てないというのが、市民が選挙の勝つためのポイントだと思います。 自公は日常が選挙運動になっているわけですから・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。