プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独シュレーダー前首相 日本に脱原発へのエール

2011.09.13 22:34|海外の動き
仏核廃棄物施設の爆発事故、原子力当局は「事態収束」を宣言
[マルクール(フランス) 12日 ロイター] フランス南部ガール県マルクールの核廃棄物処理施設で12日に発生した爆発事故で、当局は爆発による放射能漏れは起きていないとし、仏原子力安全局(ASN)も事態は収束したと主張した。(9/13 ロイター)

小出氏によると、マルクールというのはフランスの原子力のメッカだそうです。
フランスの反原発の動きを注視したい。

フランスの核施設で起きた爆発事故に関し、13日の閣議後の会見で関係閣僚からは、事故原因を見極める必要があるとの声が相次いだ。

細野豪志原発事故担当相は「日本に関連が深い施設の一つのエリアでの火事であり、情報収集に当たる必要がある」と述べ、動向を注視する考えを示した。日本の原子力政策などへの影響については「現段階で全体に大きな影響が出るとは受け止めていない」と否定した。

一方、枝野幸男経済産業相は日本への影響を問われ「原因などを含め、しっかりと実態が明らかになることが必要だ」と述べるにとどめた。
中川正春文部科学相は「フランスに情報開示していただき(国内の同様の施設について)改善すべきところがあれば改善したい」と語った。(9/13 産経)

======
他国に対して、事故原因を見極めるとか、実態を明らかに、情報開示して・・・と言う前に、自国の電力会社に対して、同じことをを要求せよ。と吠えたい!!
おかしな国だ。

今朝の毎日新聞には、ドイツの前首相ゲアハルト・シュレーダー氏の独占インタビューが載りました。

「日本は技術的に(原発と)違うエネルギー政策ができる状況だ」と述べ、日本でも脱原発は可能だとの認識を示した。その上で、ドイツで脱原発を決めた際、「原発こそがビジネスモデルと信じていた電力業界の反発はすごかったが、業界幹部と納得するまで何度も議論した」と振り返り、政治主導の重要性を強調した。

欧州では電力が不足すれば、陸続きの隣国から輸入できるが、島国の日本は外国に頼れない現実がある。だが、前首相は「省エネを進め、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを拡大し、過渡的に(気候変動への影響が少ない)天然ガスを活用する」ことで「原発以外のエネルギーの先駆者になれる」と語った。(9/13 毎日JP)

前首相が属する社会民主党は98年、環境政党・緑の党と連立政権を樹立。02年に「20年ごろまでの原発全廃」を盛り込んだ脱原発法を成立させた。メルケル現政権は昨年、この路線を「保留」にしたが、福島事故を受けて早期の脱原発に回帰。全原発17基の22年までの停止を決め、議会も承認した。

脱原発を選択した理由について、国内では「使用済み核燃料の最終処分場が決まらない状況」があり、国外では「86年の旧ソ連・チェルノブイリ原発事故」のような放射能汚染への懸念があったと指摘し、「このような状況を長期にわたり社会に強制できなかった」と振り返った。

・・・60年代にドイツで原発が運転を開始してからシュレーダー政権が登場するまで40年近く、脱原発は「絵に描いた餅」だった。
・・・前首相は「安全への哲学は日本国民の決断次第だ」と語った。(毎日jp



======
日本の脱原発には、とても嬉しい、大きなエールです
ドイツ、イタリアなどの外圧を利用し、全世界の脱原発派と共闘して大きい流れにする必要がありますね。
毎日新聞さん、とてもよい企画。 しかし・・・、これを菅さんが総理の時にしてほしかった・・・。 少しタイミングがずれているのでは


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。