プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マック赤坂氏の選挙結果など

2014.03.24 21:42|大阪市長選
さて、あまり書きたくもないのですが、大阪市長選挙について一言。

ご承知のように、結果は以下のとおり。

橋下徹    37万7472 (75.65%)
無効票     6万7506 (13.53%)  内白票 4万5098 (9.04%) 
藤島利久   2万4004 (4.8%)
マック赤坂   1万8618 (3.7%)
二野宮茂雄  1万1273 (2.25%)

報道では、橋下氏は新人3人を破ったが、主要政党が対立候補を立てない異例の展開で選挙戦は盛り上がらなかった。
投票率は前回の60.92%を大幅に下回る23.59%で過去最低とのことです。

無効票が13%を超える6万7506票と異例の多さ。このうち、4万5098票は投票用紙に何も書かれていない白票だったようで、それが下位3人の得票総数を上回っています。

・・・福島区役所では、職員が白票を「白票」と書いたかごに仕分け、次々と積み上げた。「ふざけるな」や、大きく「×」と書かれた無効票もあった。男性職員は「これまでと比べものにならない無効票の多さ」と驚いた。大正区民ホールでも白票は多かったが、「該当者なし」「税金は大切に使いましょう」「該当者なし」と書かれた無効票も。淀川区民センターでも、「投票したい人がいません!!」と記した票があった。(3/24 読売)



マック赤坂氏は、藤島氏に負け、ほとんど何も選挙戦をしなかった二野宮氏に追われる形で選挙を終えて、自分の力が足りなかったと号泣しました。

街宣中の本人の予想は、投票率は30%、60万票。 内橋下票が50万票。 残りの10万を3人で分けることになるので、5万票は取れるだろう。 
供託金の没収点が10%の6万なので、あと1万票がほしいというものでした。

それだけ、選挙戦の手応えを感じていたということですが、蓋をあけてみると無効票が多く、3人で5万票を分け合うことになり、その内の34%しか得票できませんでした。

派手なコスチュームを封印していましたが、最終日はガンジースタイルで、髪は剃らずに”かつら”という格好で大阪の繁華街を練り歩き、心斎橋上で最後の街宣活動をしました。
ほとんどの時間を梅田地下街の定点での街宣でしたので、通りすがりの人に人気はあったかもしれませんが、より多くの市民には、全く浸透していなかったわけです。

若者が沢山マック氏と写真を撮ったりしていましたが、単なるおもしろおっさんへの好奇心だったわけで、選挙として、大阪都構想についてどう考えているかというような訳のわからない政策が必要だったかもしれないし、おかしなコスチュームはマイナスだったのかもしれません。(まあ通常はそう思うわね~)

またマック赤坂氏自身が、本当に政治家になりたいのかどうかという疑問もあります。
これまで払った供託金は3000万円。 それを使って、自分の主張を2週間叫ぶことが目的になってしまっていることはないのか。

自分は豪華ホテルのスィートルームに泊り、事務所はなく、ボランティアが証書貼りを街宣近くのマクドナルドでしていたそうで、選挙には国から補助される法定ハガキなどありますが、それを使ったのかどうか。
選対もなく、数少ないボランティアも結局中に入り込めなかったフシあり。

こういう選挙では、硬直した国民の中で2万人弱しかマック氏の生きざまに共感できないということになります。
さて、これからどういう道をたどるのでしょうか、マック赤坂さん。

それでも、遠くから選挙戦を応援して、schnauzerも得たものも沢山ありました。 
つらいにはスマいる! 嫌な人にもスマイル!!

選挙最終日に、ずっとマック氏を支援している東大の安富歩教授の熱い応援演説が、若者の間で感動したと話題になっていますので、是非聞いて下さい。



直ぐに書き起こす人があります。→こちら


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。