プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館市が大間原発差し止め訴訟を提訴

2014.04.04 23:30|地方の動き
新しい動きです。

大間原発中止求め提訴 30キロ圏自治体の不安届くか (4/4 東京

 電源開発が青森県大間町に建設中の大間原発をめぐり、北海道函館市は三日、国と同社に建設中止や原子炉設置許可の無効確認を求め、東京地裁に提訴した。自治体による原発差し止め訴訟は初めて。

 函館市と大間原発は、津軽海峡を挟んで最短で二十三キロ。訴状では、東京電力福島第一原発事故を受け、原発の三十キロ圏に含まれる自治体は避難計画の策定が義務付けられているのに、原発建設の同意対象は立地自治体に限られている矛盾を批判。「市が同意するまでは建設をやめるべきだ」と訴えている。

 さらに「大間原発は重大な不備、欠陥がある従前の審査指針に基づき設置が許可され、福島原発事故の原因が不明の状態で作られた新規制基準でも安全は確保できない」と主張。使用済み核燃料を再処理して取り出したプルトニウムとウランの混合酸化物(MOX)燃料を全炉心で使用できる世界初の原発となるため、「事故による被害の大きさは、既設の原発の比ではない」と指摘している。

 原子力規制委員会事務局は「訴状が届いておらず、コメントは差し控えたい」、電源開発は「市に情報提供や説明をしながら、計画を推進していきたい」としている。

 大間原発は改良型沸騰水型軽水炉で、出力は百三十八万キロワット。電源開発は完成後の稼働に向け、今秋にも新規制基準の審査を規制委に申請すると表明している。


記事 「大間原発差し止め提訴 函館市議会が可決」

函館市議会は、電力関連の2人が退席し、全会一致でこの提訴を可決しています。 
自治体による原発差し止め訴訟は初めてとのことなので、続いてほしいです。
川内原発の立地でなくても近くの自治体に、工藤寿樹(としき)函館市長や函館市議会議員に続くところはないのでしょうか。

昨日、東京地裁に訴状を提出した後の記者会見で工藤市長は、そもそも函館市庁舎から晴れた日には大間原発が見えるが、むしろ大間町役場からは見えない、また、函館から北へ避難する道は2本あるが実質的には5号線1本で、通常でも週末は渋滞が起こる、まして大間で原発事故があったら一体避難は出来るのかと函館市が提訴した理由を述べました。 そして、お金が出てきたらどうするかという愚問をした記者に対しては「金もらって黙るような話でない!!」と声のトーンを上げていました。 

話の中から、こういう訴訟が提起されている最中には、建設の再開は出来ないのではないかという予測も聞かれました。
 
脱原発には、これまでの想定外の戦い方があるようです。 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。