プロフィール

schnauzer

Author:schnauzer
脱原発にめざめました。
再生可能エネルギーにも大いに興味あり。
学んだこと、見聞きしたことを綴っていきます。一緒に考えませんか?

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア

最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上関原発に反対する祝島の漁師さんにカンパしよう

2014.06.22 23:28|他の原発の動き
山本太郎議員のオフィシヤル・ホームページが新しくなっています。

国会活動や質問主意書、その他の資料なども整理されているし、写真も沢山使われていて色合いも品よく、とてもよい感じになっていると思います。 (schnauzerの古いPCにはちょっと重いかも) 
少しずつですが、いろいろな事が着々と進化しているようです。

一度ご覧ください。 →「参議院議員 山本太郎」オフィシャルホームページ.

********************

さて、本日は 山口県上関原発に反対している祝島の皆さんへのカンパのお知らせです。

「上関原発に反対する祝島の漁師さんに500万円届けようキャンペーン」 
みんな海の会
 から転載します。

祝島の漁師さんは、中国電力からの10億8千万円の漁業補償金の受けとりを拒みつづけてきました。漁師さんの明確な意思表示です。このことが原発計画を止める切り札となってきました。けれど今、祝島の漁師さんが追いつめられています。

高齢化•過疎化が進み、水揚げは減り、魚価は低迷。山口県漁協により作られた構造的な赤字も加わり、県漁協祝島支店(旧祝島漁協)の運営は破綻寸前です。数年前から、この赤字を組合員が個人で補填しています。

年金をつぎ込み、組合員をつづける漁師さんが大半です。議決権のある正組合員の、少なくとも過半数の意思表示がなければ、補償金を拒めないからです。今年はついに個人での赤字負担が20万円近くになることがわかりました。支払い期限は7月の末日。もう祝島の漁師さんたちだけで背負うのは限界です。

みんなの海を私も守る。

私たちのカンパで、志ある漁師さんたちが組合員をつづけ原発を拒みとおすことができます。「補償金を受けとるしかない」と思いつめていた漁師さんの気持ちも変わるかもしれません。ひとりでも多くの漁師さんが補償金を拒めば、漁協の運営改革の議論が可能となります。目標額は500万円。海の日の7月21日、祝島の漁師さんへ届けましょう。

湯浅正恵(広島・上関リンク発起人) ・山秋真(『原発をつくらせない人びと』著者) ・纐纈あや(映画『祝の島』監督) 


1口1000円以上で、カンパの方法は上記リンクをご覧ください。
一人が小額でも、数が集まれば大きなおカネになりますね。 
皆さま、是非カンパして、これまで頑張ってくれた人に報い、また補償金を貰ってしまった人の気持ちも変えていきましょう。 よろしくお願いいたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。